インドの状況を見るかぎり佐賀県立小城高校の皆さんのアイデアにうなる

2022年01月25日

会者常離

resize0109

先日、長年お世話になった方が亡くなりました。約1年前からの闘病生活。幾度も狭井神社を訪ね回復を祈りつづけましたが残念な結果となってしまいました。

ぼくにとって海よりも深く、山よりも大きな恩人であり、人生でもっとも薫陶を受けた方でした。「生者必滅-会者常離」と分かっていても、埋めようのない寂寥感を覚え、死を悼む日々です。

それでも人生の中で心から尊敬できる人と出逢えたことは、本当に我が身の幸運を感じずにはいられません。改めて感謝の気持ちが込み上げてきます。

ここ数年、お世話になった方が旅立たれるケースが増えてきました。考えてみれば自分自身も中年真っ只中。お見送りする時期でもあります。お世話になった恩人の皆さんへ直接恩を返すことはできませんが、自分の体験を次の世代の皆さんに役立てることで少しでも恩に報いたいと思っています。

今日は夕方から佐賀県の高校生たちとオンラインで話し合います。少しでも役に立てたら...そんな思いでいっぱいです。

ヒマラヤ小学校絵画展

■場所:GLOCALCAFE IKEBUKURO
〒170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目1−1 サンシャインシティ 専門店街アルパ 1F
■期間:2021/11/19(金)- 2022/1/31(月)
■時間:
平日 11:00 – 18:00
土日祝 11:00 – 19:00


※コロナウイルス感染防止のため、予告なく会期が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001
















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




hsf at 00:00│
インドの状況を見るかぎり佐賀県立小城高校の皆さんのアイデアにうなる