インドで万人を幸せにする

2020年07月08日

学校再開が叶うまで

resize0048

学校が開校して16年が過ぎました。開校までの6年、開校してからの16年、合わせて22年の月日を振り返ると、そこには必ず波があり 、浮き沈みがありました。

いつかは浮かぶときもあり、いつまでもどん底に停滞するものでもありませんでした。じっとその時がくるまで耐え忍ぶ。その繰り返しだったように思います。

先が見えない今こそ耐え忍ぶときです。学校再開が叶うまで忍、忍。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。

お知らせ

「ヒマラヤに学校をつくる」が第65回青少年読書感想文全国コンクール(主催:全国図書館協議会・毎日新聞社 後援:内閣府・文部科学省 協賛:サントリーホールディングス)」の課題図書(高等学校部門)に選ばれました。



hsf at 00:00│
インドで万人を幸せにする