なかなかこれからのネパール社会

2020年07月03日

久しぶりの講演

resize0052

先日、久しぶりに講演の機会がありました。元々、3月に予定していたものですが、3ヶ月あまりのブランクに加え、感染症対策で席の間隔を広く取っていることや全員がマスクをしていることもあって、なんだか落ち着かないまま終わりました。マスクで顔が半分見えないことはもどかしいものです。でも考えてみれば、それだけ聴く人の優しい表情や温かい反応にこれまで助けられていたということでもあります。

3月に行った寄席では柳家小満んがマスクばかりの客席を見て「美人が増えましたね」と笑わせていましたが、人前で話すにはそれくらいの心の余裕が必要なんだと痛感します。

ありがたいことに、夏にかけてポツリポツリと講演の予定が入って来ました。こんな時こそ、どんな状況でも対応出来る人間にならなければと思います。今こそ自分を新しくする好機。子どもたちを見習わなければ!


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。

お知らせ

「ヒマラヤに学校をつくる」が第65回青少年読書感想文全国コンクール(主催:全国図書館協議会・毎日新聞社 後援:内閣府・文部科学省 協賛:サントリーホールディングス)」の課題図書(高等学校部門)に選ばれました。



hsf at 00:00│
なかなかこれからのネパール社会