行こうと思う気持ちやる気

2020年06月28日

わたしの知らない世界

resize0058

ネパールのことに関しては、大概のことには驚かなくなりましたが、前回の訪問中、一人巨木に登って枝打ちをする人を見て驚き、しかもそれが木こり?のカーストだと知って思わず絶句しました。ネパール社会は本当に奥が深い!

resize0055

15メートルはあると思われるジャカランダの木に、命綱もつけずにスイスイと登り、斧を使って小気味よく枝を打つ木こりのオジサン。

resize0049

途中、携帯電話で話す余裕まで。

20年ほど前、インドのハンピ遺跡へ向かう道端のレストランでココナツジュースをl頼んだところ、突然ウエイターが大きな椰子に登り実を取ってくれたときも驚きましたが、今回はあのとき以上の衝撃でした。

resize0057

知人の話では、この枝打ち作業は彼らにしか出来ないのだとか。世襲制のカーストだからこそなせる技なのでしょう。素人にはとても出来ません。

ネパールで活動を始めて22年。まだまだ知らない世界が山ほどあることを思い知らされました。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。

お知らせ

「ヒマラヤに学校をつくる」が第65回青少年読書感想文全国コンクール(主催:全国図書館協議会・毎日新聞社 後援:内閣府・文部科学省 協賛:サントリーホールディングス)」の課題図書(高等学校部門)に選ばれました。



hsf at 00:00│
行こうと思う気持ちやる気