平常を失わないネパールも休校措置

2020年03月04日

新型コロナウイルスの影響

P1181017_PerfectlyClear_copy_640x480

大方の予想通り、ネパール政府が日本を含む5カ国の到着ビザ発給を中止することが決まりました。大使館での発給は可能とのことですが、健康診断書の提出が必要ごのことです。ちなみにインド政府は邦人へのビザの発給停止に続き、無効化も決めましたので、ネパール政府も今後、同じような策を講じるのではないかと思います。

ネパールは今年、Visit Nepal2020という観光プロモーションの年でしたが、すでに延期が決まりました。今月2日には成田ーカトマンズの直行便が就航したばかりでしたが、状況によっては減便や運休なども予想されます。

ネパールを訪問した際、中国からの投資の増大と出稼ぎ労働者からの海外送金による好景気で、観光開発やインフラ整備が進められている現状を目の当たりにしました。都市部では全体がふわぁとした雰囲気に包まれ、なんとなく危うさを感じましたが、今後、新型コロナウイルスによってどんな影響が出るのか、先行きは不透明です。


ネパール政府、日本含む5ヶ国対象にアライバルビザの発給停止 3月10日から


ネパール政府は3月10日より、日本を含む5ヶ国を対象に、アライバルビザの発給を一時的に停止する。

対象となるのは日本のほか、中国、韓国、イタリア、イランの国籍者。これにより、ネパールに入国する場合には、大使館で事前にビザを取得する必要がある。在ネパール日本国大使館によると、ビザの申請時には、健康証明書が必要だという。

また、ネパール政府は、マレーシア、タイ、シンガポールを含む8ヶ国からの渡航者に対して、空港でのスクリーニングを強化している。体温が38ド以上ある場合、ネパール国内の病院でウイルス検査を受ける必要がある。

日本とネパールの間は、3月2日にネパール航空が、東京/成田〜カトマンズ線を就航したばかり。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。

お知らせ

「ヒマラヤに学校をつくる」が第65回青少年読書感想文全国コンクール(主催:全国図書館協議会・毎日新聞社 後援:内閣府・文部科学省 協賛:サントリーホールディングス)」の課題図書(高等学校部門)に選ばれました。



hsf at 00:00│
平常を失わないネパールも休校措置