ジェニシャとジーナ気合十分

2020年02月20日

新生「ふげん社」を訪ねました。

P1191217_copy_480x640

先日、築地から新天地・目黒の金毘羅坂へ移転した「ふげん社」を訪ねました。

ふげん社は、ぼくが病後に社会復帰を果たす第一歩となったイベントでお世話になって以来、ヒマラヤ小学校のポストカードの作成や募金箱の設置をはじめ、子どもたちの絵画、写真展を開催いただくなど多岐に渡って応援いただいいます。「ふげん社」を通して知り合った人は数しれず、「写真集食堂めぐたま」と同じく、文化の香りが漂う中に多くの人が集う、みんなの大切な居場所です。

そのふげん社が目黒に移転した訳ですから、開店までずっと心浮き立つ思いで待っていました。新天地は目黒駅から歩いて15分程、バスなら僅か5分(元競馬場前停留所)。近くにはネパール大使館や、22年前ネパールへ旅立つ前にコンタックスT-2やコニカのビックミニを買った三宝カメラがあるのも強いご縁を感じます。

1階には本格的なコーヒが楽しめる広々としたブックカフェ、2階はオフィスと多目的ホール、3階にギャラリーが併設されていて、居心地の良さは折り紙付きです。築地よりも更にパワーアップして新たなスタートを切った新生ふげん社。これからどんな展開が始まるのか、本当に楽しみです。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演・執筆依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


header_2019_01

ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

CCI_000001















株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。

お知らせ

「ヒマラヤに学校をつくる」が第65回青少年読書感想文全国コンクール(主催:全国図書館協議会・毎日新聞社 後援:内閣府・文部科学省 協賛:サントリーホールディングス)」の課題図書(高等学校部門)に選ばれました。





hsf at 00:00│
ジェニシャとジーナ気合十分