今年は・・・卒業生の保護者が教育の普及に動く

2020年01月05日

煉瓦工場で

resize1025

ヒマラヤ小学校には煉瓦工場で暮らす(働く)子どもたちがいます。ネパール滞在中、彼らの家を訪問しました。

朝霧が立ち込める早朝から家族総出で土を掘り起こし、少量のセメントと混ぜた土を型枠に嵌めて日干しする昔ながらの製法で一つずつ日干し煉瓦を作っていました。顔を泥だらけにしながら一生懸命働く子どもたち。ときどき親方と思われる管理者から罵声が聞こえてきました。

学校とは明らかに異なる子どもたちのうら寂しい表情を見ていると、現実の厳しさを痛感します。同時に、どうすればこの子たちが無事卒業の日を迎えられるかという大きな課題が、頭の中にのしかかってきました―――。

resize1023



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。



吉岡大祐のプロフィールはこちらから



講演・執筆依頼はこちらから



resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。



header_2019_01


CCI_000001
ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ










株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。


お知らせ


「ヒマラヤに学校をつくる」が第65回青少年読書感想文全国コンクール(主催:全国図書館協議会・毎日新聞社 後援:内閣府・文部科学省 協賛:サントリーホールディングス)」の課題図書(高等学校部門)に選ばれました。


hsf at 00:00│
今年は・・・卒業生の保護者が教育の普及に動く