横浜・青葉キャンパスでチャリティ販売が行われます!スポンサーシップ

2019年10月28日

学校や周囲の大人の役目

resize0951

先日、著書を読んでくれた教育関係者と会って話をしました。著書を読んで教育者として共感したり、考えさせられることがあったそうで、著書が少しでも役に立てたと思うと自然と喜びが込み上げて来ました。

中でもプラカシュの話にはとても驚いたそうです。これまで後進国の教育支援というと、子どもが貧しいながらもみんな素直で明るく、希望に満ちているというイメージしかなかったそうで、プラカシュのような社会にもまれ傷ついた子が存在していることにとてもショックを受けたと話していました。その後、プラカシュが這いあがる努力を積み重ねて学校を無事卒業したことや、精いっぱい生きている現在の様子を伝えると、涙を流していました。

思えばプラカシュと出会えたことは僕にとって大きな幸運でした。人は誰だって不完全です。でも、そこからなんとか良くなろうと努力することが出来ることをプラカシュが教えてくれました。その意欲を引き出すことが学校や周囲の大人の大事な役目だと思います。

プラカシュの意欲を見事に引き出したヤッギャ先生・・・・やはり大きな存在だと改めて思います。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから


講演・執筆依頼はこちらから



resize0341


ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。



header_2019_01




CCI_000001
ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ





株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。







お知らせ



「ヒマラヤに学校をつくる」が第65回青少年読書感想文全国コンクール(主催:全国図書館協議会・毎日新聞社 後援:内閣府・文部科学省 協賛:サントリーホールディングス)」の課題図書(高等学校部門)に選ばれました。






hsf at 00:00│
横浜・青葉キャンパスでチャリティ販売が行われます!スポンサーシップ