少女の写真がきっかけに夢中になれる時間

2019年09月25日

人を救うのは人

resize0937

「よし、今回も大丈夫だ。よかった」。

先日、定期検査を受けた際、担当医に掛けて貰った言葉に心が救われました。

体力も食欲も意欲もありますから大丈夫とは思いつつ、やはり検査直前になると気鬱になります。検査そのものの痛みもありますから、いつも足取りが重いのですが、こうして笑顔で温かい声をかけて貰うと解放された気分になります。

病は心で治すもの。人を救うのは人なんだと思います。それは支援活動にも通じることです。一歩ずつというところも。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから


講演・執筆依頼はこちらから


resize0341



ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。





header_2019_01






CCI_000001
ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ






株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。






お知らせ





「ヒマラヤに学校をつくる」が第65回青少年読書感想文全国コンクール(主催:全国図書館協議会・毎日新聞社 後援:内閣府・文部科学省 協賛:サントリーホールディングス)」の課題図書(高等学校部門)に選ばれました。




hsf at 00:00│
少女の写真がきっかけに夢中になれる時間