展覧会に向けて若者、若者、若者

2019年08月14日

時間に逆らわず

resize1972

ヒマラヤ小学校が「学校らしくなって来たな」と実感したのは開校から5年が経った2009年頃でした。その後、時間の経過と共に少しずつ「よい学校になった」と感じる機会も増えました。紆余曲折あったとしても、このまま「よい学校」の道を歩むと、当時の僕は安易に考えていました。

2012年春に一度ヤッギャ校長が退任しました。そのときは学校の基礎ができているから大丈夫と微塵も先行きを疑っていなかったのですが、実際には学校は大きく脱線し、よからぬ方向へと進んで行きました。しかもどんどん加速しながら・・・。著書にも書きましたが、そのときになって初めて僕も学校もヤッギャ校長に大きく依存していたことに気づいたのでした。

2017年にヤッギャ校長が復帰するまでの5年間は、僕にとってももっとも苦しい時期でした。病気も重なり、心に大きな重石を乗せられたような毎日でしたが、結果的に「物事を変えるには待つことも必要」と気づけたことが大きな収穫でした。時間に逆らわずに待つ。果たして今の自分に出来ているか点検が必要な気がします!


ヒマラヤ小学校名作展2019開催のお知らせ

resize0895今年も東京・築地の「コミュニケーションギャラリーふげん社」に於いてヒマラヤ小学校名作展2019を開催いたします。会期は9月3日~7日まで。時間は12:00~19:00(9月7日のみ17:00まで)です。会期中、9月6日(金)には浪曲師・東家一太郎さんの浪曲会(ヒマラヤ小学校スペシャルバージョン)、9月7日(土)には吉岡大祐の講演会を開催予定の他、ヒマラヤ小学校の卒業生が作ったフェルトやふげん社謹製のヒマラヤ小学校ポストカードのチャリティ販売が予定されています。ぜひ、遊びにお越しください!詳しくはこちらをご覧ください。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから


講演・執筆依頼はこちらから


resize0341


ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。



header_2019_01




CCI_000001
ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ




株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




お知らせ





「ヒマラヤに学校をつくる」が第65回青少年読書感想文全国コンクール(主催:全国図書館協議会・毎日新聞社 後援:内閣府・文部科学省 協賛:サントリーホールディングス)」の課題図書(高等学校部門)に選ばれました。


hsf at 00:00│
展覧会に向けて若者、若者、若者