松山市立中央図書館主催の著者トークで話しました母は強し

2019年08月09日

学びの収穫

resize2615

一昨日、松山市立中央図書館で開催された著者トークでは講演の後、実際に著書を読了した人たちと交流する機会があり、貴重な学びの収穫の時間となりました。皆さんから温かい言葉を掛けて貰うたびに、心が洗われる思いがしました。

一冊の本も受け止め方は無限にあります。読者が何をどう受け止めてくれたのか、それを知ることが今後の活動の大きなヒントになるはずです。そんなわけで、ぜひ今後も著書を読了した人たちとの交流の機会を作っていけたらと思います。関心のある方はぜひお声掛けください。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから



講演依頼はこちらから



resize0341




ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。




header_2019_01






CCI_000001
ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ



株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。







お知らせ




「ヒマラヤに学校をつくる」が第65回青少年読書感想文全国コンクール(主催:全国図書館協議会・毎日新聞社 後援:内閣府・文部科学省 協賛:サントリーホールディングス)」の課題図書(高等学校部門)に選ばれました。






hsf at 00:00│
松山市立中央図書館主催の著者トークで話しました母は強し