タイムフリーで1週間RECOMMEND by 小学生

2019年07月27日

自由な時間

resize2983

寺子屋を開校したとき一番驚いたのは、子どもたちの表情の大きな変化でした。煉瓦工場など労働現場で会ったときには寡黙でうら寂しげな表情を浮かべていた子が、寺子屋に来るとまるで別人のように明るくなっていたのです。わずか1時間足らずの自由な時間が、その子にとって喜びを全身で実感できるかけがえのないものだったのです。同時に労働がその子の心に大きな重石となっていることを肌で感じました。

子どもには自由な時間が必要だと思います。楽しいことを考え、動き周り、腹の底から大声で笑うことで彼らは成長の根と芽を伸ばすのではないでしょうか。周囲の大人はそれを決して忘れてはいけないと思います。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。



吉岡大祐のプロフィールはこちらから


講演依頼はこちらから


resize0341


ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。




header_2019_01




CCI_000001
ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ



株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。






お知らせ


「ヒマラヤに学校をつくる」が第65回青少年読書感想文全国コンクール(主催:全国図書館協議会・毎日新聞社 後援:内閣府・文部科学省 協賛:サントリーホールディングス)」の課題図書(高等学校部門)に選ばれました。




hsf at 00:00│
タイムフリーで1週間RECOMMEND by 小学生