松山市立中央図書館の著者トークでお話します!合っているかどうか

2019年07月23日

子どものころの嬉しい体験

resize0130

先日、ヒマラヤ小学校を開校する前に行っていた母子家庭の女子就学支援の元奨学生から突然、連絡がありました。支援が終了した後、もう15年ちかく連絡が途絶えていましたので驚きましたが、メールには近況や思い出話がぎっしりと書かれていました。

現在は二児の母親となりカトマンズ郊外の村で幸せに暮らしているとのこと。平穏な暮らしの中に幸せを感じている様子が伝わって来て、こちらも明るい気持ちになりました。もうひとつ嬉しかったのは、「楽しかった思い出が苦しいときの励みになっています」と書かれた一文でした。

思えば支援していた当時、まだ人数が少なかった奨学生を連れて毎週のようにあちこちへ出かけていました。ゆったりと流れる時間の中で奨学生たちと過ごした時間は、ぼくに大きな学びと気づきをもたらせてくれました。ぼくにとっても大事な思い出です。そのときの楽しい時間が奨学生の励みになっているということですから、これほど嬉しいことはありません。

子ども頃には、楽しいことや嬉しいことをたくさん経験することが大事だと思います。なにごとにも縛られない自由な時間の中で腹の底から笑う、そんな体験が生きる力になることを改めて教わった思いです。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。



吉岡大祐のプロフィールはこちらから


講演依頼はこちらから


resize0341


ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。




header_2019_01




CCI_000001
ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ



株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。






お知らせ


「ヒマラヤに学校をつくる」が第65回青少年読書感想文全国コンクール(主催:全国図書館協議会・毎日新聞社 後援:内閣府・文部科学省 協賛:サントリーホールディングス)」の課題図書(高等学校部門)に選ばれました。




hsf at 00:00│
松山市立中央図書館の著者トークでお話します!合っているかどうか