心のメッセンジャー子どもたちの魅力

2019年07月06日

20年前に出会ったミーナ

resize0889

観光客相手にお土産を売る少女、ミーナ。20年前、児童労働の調査をしているときに出会いました。

「学校へ行きたい?」との問いに、「学校に行ったら病気のお母さんが困るから行きたくない」と語ったミーナ。僕は話の継穂を完全に失いました。

あれから20年、ミーナはどんな人生を送っているのだろうか。今も、ふとミーナのことを思い出します。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。

吉岡大祐のプロフィールはこちらから


講演依頼はこちらから


resize0341


ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。




header_2019_01






CCI_000001
ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ




株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。






お知らせ






「ヒマラヤに学校をつくる」が第65回青少年読書感想文全国コンクール(主催:全国図書館協議会・毎日新聞社 後援:内閣府・文部科学省 協賛:サントリーホールディングス)」の課題図書(高等学校部門)に選ばれました。






hsf at 00:00│
心のメッセンジャー子どもたちの魅力