自分の限界きたきりすずめ

2019年07月01日

アッシルバード!

resize0888

折を見てフィルムで撮った古い写真のデジタルスキャンをしていますが、懐かしい写真を見る度に手が止まってしまい作業はなかなか進みません。ネパールの”永遠思考”が確実に身につき、実社会で"役立っている"ことを実感します。

写真は今から19年前、2000年にネパールがん協会から治療室の提供を受け「フリークリニック」を開設した際、患者第一号のガジェンドラさんと写した写真です。日雇いの歩荷をしながら貧しい生活を送っていたガジェンドラさんでしたが、治療の際にはニンジンやトウモロコシを必ず1本持ってきてくれました。治療を終えた際には、お礼に何か運んであげたい言って、毎日のように治療室へ来ては運ぶものないか訊ねてきました。そして必ず「ハジュールライ バグワンコ アッシルバ―ド(あなたに神の恩恵がありますように)」と言ってくれました。

ガジェンドラさんのような人達との日々のかかわりが、現在の自分を形成しているのだと実感します。人との出会いが人生を変えるといいますが、本当にその通りだと思います。

ふと気がつくと、また手が止まっていました・・・・・。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから


講演依頼はこちらから


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。




header_2019_01




CCI_000001
ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ



株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中です。




お知らせ





「ヒマラヤに学校をつくる」が第65回青少年読書感想文全国コンクール(主催:全国図書館協議会・毎日新聞社 後援:内閣府・文部科学省 協賛:サントリーホールディングス)」の課題図書(高等学校部門)に選ばれました。




hsf at 00:00│
自分の限界きたきりすずめ