10年の時を経て「この本を読んでよかった」

2019年06月03日

同窓会設立の報せを受けて・・・

resize0869

同窓会設立の嬉しい報せを受けてから心が自然と踊りつづけています。現場を離れた時にやり残したことのひとつでしたので、今はとてもほっとした気持ちです。

同窓会(卒業生)の力を借りて、やりたいことが山ほど浮かんできます。でも今はそんな気持ちを抑え、見守ることに徹しなければと自分に言い聞かせています。現場にいたとき、あれだけ設立を試みても実現できなかったわけですから、今、設立されたことにはやはりなんらかの意味があるのだと思います。それに卒業生たちが同窓会として主体的に動ける環境を作っていくことにこそ、僕たち周りのもっとも大事な役目ではないかと思います。これから同窓会がどう発展し、どんな展開になっていくのか目が離せません。



■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。

吉岡大祐のプロフィールはこちらから


講演依頼はこちらから

resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。

resize0626「ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

この度、株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中。






hsf at 00:00│
10年の時を経て「この本を読んでよかった」