念願の地、坊津感想文に胸熱く

2019年03月14日

加子母小学校で講演

resize0832_PerfectlyClear

先日、岐阜県中津川市にある加子母小学校で4年生を対象にネパールについて話をしました。

しばらく団体や企業での講演が続き、小学校での話しは久しぶりでしたので緊張しました。いつもながら子どもたちが世界に目を向け、さまざまな”違い”に興味を持つきっかけを作るためには、一体どんな話をすればよいのか悩みます。小学校での講演は僕にとって正に修錬の場です。

そんな訳でいつもどおり固い頭で臨んだ講演でしたが、4年生の子どもたちはみんな溌剌としていてノリが良く、とても聞き上手。子どもたちにすっかり乗せられ、まるで加子母謹製ヒノキ風呂に浸かったような心地よい気分で最後まで話が出来ました。話の後には長めの質問時間を取りましたが、子どもたちから鍼やネパール、学校についてたくさんの質問が飛び出し、なんとも楽しい時間となりました。堂々と何でも質問できる加子母小学校の子どもたち、本当に素晴らしい!!

帰り道、子どもたちのことを考えていると心に爽やかな風が吹きました。忙しさに感けてしまい忘れかけていた原点に回帰させて貰った、そんな有意義な一日でした。加子母小学校4年生のみなさん、ありがとう!!


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから


講演依頼はこちらから


resize0341



ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。





resize0626「ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


この度、株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中。





hsf at 00:00│
念願の地、坊津感想文に胸熱く