あの頃のぼくとわたし想像しているときが

2019年03月08日

「大丈夫」と言える自分

resize0841

自分に駄目と言っていると歯車は必ず駄目な方向に向かって回り始めます。ネパールで活動しているとき、何度もそういう状態に陥ってしまいました。そんな時、救ってくれたのはネパール人の”根拠のない自信”でした。どんな状況でもノープロブレムといえる自信は間違いなく彼らの持つ最大の強みです。彼らを見習い、常に「大丈夫」といえる自分を手にれなければ、と思う今日この頃です。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから


講演依頼はこちらから

resize0341


ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。



resize0626「ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

この度、株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中。



hsf at 00:00│
あの頃のぼくとわたし想像しているときが