なにかを成すためには印パの対立

2019年02月27日

国際人とは

resize0849

「国際人に必要なスキルは何だと思いますか?」

先日、国際協力に関心があるという大学生たちと話をしているとき、そんな質問を受けました。実は後援会などでもよく受ける質問のひとつです。

国際人にとって必要なのは留学経験があるとか、英語が話せるとぃったスキルではなく、多様性を受け入れられるかどうかではないでしょうか。相手の文化や習慣を馬鹿にして笑ったり、こちらの考えを押し付けていては、とても国際人にはなれないはずです。僕の知る若者の中で、何でも食べ、どこでも寝られるという偉丈夫で異国の人々に受け入れられ、国際人と呼ぶにふさわしい人がいます。そう考えると、海外にでることをあまり難しく考える必要なんてないような気がします。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから


講演依頼はこちらから


resize0341



ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。





resize0626「ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


この度、株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中。




hsf at 00:00│
なにかを成すためには印パの対立