久しぶりに大きなため息

2019年02月21日

ささやかでも役に立って欲しい

resize0821

著書の重版が決まったことをブログに書いたところ、祝詞をたくさん頂きました。本当にありがたいかぎりです。上梓する際には果たしてどれだけの人が著書を読んでくれるだろうかと不安に駆られましたが、重版が決まり今はほっとしています。

先日、訪ねた本屋の平積みコーナーでは帯に「たちまち重版決定!」などと書かれた本がズラリと並んでいました。出版不況と言われる今のご時世でも世相に合致して何十万部、何百万部と売れる本があるのですから驚くばかりです。

ただ、本が売れることも確かに大事ですが、ながく愛されることや、ささやかであっても読者の役に立つことの方に僕は意義を感じます。「ヒマラヤに学校をつくる」もそうあってほしいと心から願っています。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから


講演依頼はこちらから


resize0341



ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。





resize0626「ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


この度、株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中。



hsf at 00:00│
久しぶりに大きなため息