重版決定のうれしい知らせ久しぶりに

2019年02月19日

笑顔を失った顔

resize0822

「笑顔がいいですね」。

子どもたちの写真を見た人から、よくそんな声を耳にします。確かに――僕がお見せする――写真に写る子どもたちは皆、弾けるような美しい笑顔です。しかしネパールの子どもの中には笑顔を持たない(持てない)子がいることも知って欲しい現実です。

写真の女の子はの名前はスジタ(自称10歳)。15年以上前、児童労働者の調査をしている時、カトマンズのごみ集積場で出会いました。スジタは西ネパールの村から口減らしのためカトマンズの工場へ働きに出されたものの工場主の家族と折が合わず逃げ出し、ゴミ置き場でペットボトルを集めて生活していました。

スジタとはその後、何度も会い話をしましたが、僕や大人に対する不信なのか、それとも貧しさで明日に希望を持てないせいなのか、結局一度も彼女の笑顔を見ることはありませんでした。スジタのうら悲しい、笑顔を失った表情だけが今も目に焼き付いて離れません。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。

吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演依頼はこちらから

resize0341


ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。



resize0626「ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

この度、株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中。


「ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦」を当ブログよりアマゾンでご購入いただくと、収益の一部がヒマラヤ小学校へ寄付されます。


hsf at 00:00│
重版決定のうれしい知らせ久しぶりに