「A4用紙1枚」の壁あざみロータリークラブで講演

2019年02月07日

ドティ郡でチヤパウディ・・・

先日、再びチヤウパディのニュースが流れました。治療活動でよく訪ねたドティ郡での事故だけに、自然とため息がこぼれました。

【AFP=時事】ネパールの警察当局は3日、生理を理由に粗末な小屋に隔離されていた女性(21)が死亡したと発表した。たき火の煙を吸い込んだための窒息死とみられる。ネパールでは先月にも同様の状況で母子3人が死亡し、非難の声が上がっていた。

 ネパールの地方部の多くでは月経中の女性を不浄な存在とみなし、自宅から隔離された小屋での就寝を強制する「チャウパディ」という慣習が何世紀も続いている。生理中や出産後の女性に触れてはならないとするヒンズー教の教えに由来し、隔離中の女性たちは食べ物や宗教的象徴、牛、男性に触れることを禁じられる。

 チャウパディは2005年に禁止されており、昨年にはチャウパディを強要した者に禁錮3か月と罰金3000ルピー(約4600円)を科す法律も施行された。たが、今もこの風習は保守的な西部の辺境地域を中心に残っている。

 新たな死者が出たのは西部ドティ(Doti)郡で、先月31日朝、様子を確認に来た義理の母親が、煙の充満した小屋で死亡している女性を発見した。

 地元の警察官はAFPの取材に、「小屋には窓がなく、女性は扉を閉めた状態で夜間に暖を取ろうと床でたき火をしていた。このため、死因は煙を吸い込んだことによる窒息死とみている」と説明した。

 ネパールでは3週間前にも隣接するバジュラ(Bajura)郡で、女性1人とその息子2人がチャウパディで隔離中に煙で窒息死したとみられる事故が起きている。

【翻訳編集】AFPBB News


hsf at 00:00│
「A4用紙1枚」の壁あざみロータリークラブで講演