聞く耳人の助けによって

2019年01月29日

信念をもつこと

resize0807

昨日、SAM(経営近代化協会)の例会で講演したことを書きましたが、10年前に同じくSAMで講演した際、推薦していただいた「きもの鈴乃屋」の創業者であり名誉会長の小倉清子さんが、講演前の1分間スピーチで話した内容を今も忘れることが出来ません。

当時、さまざまな社会問題や事件が起こり世間を騒がせていました。小倉さんはそのことを嘆かれた後、「日本がこのような状態になったのは、日本人が着物を着なくなったことが原因だと考えます」と力強く話したのです。着物に対する揺るぎない愛情と信念を持っているからこそ、言える言葉です。丁度、ネパールで活動をはじめて10年が過ぎ、さまざまな迷いの中にいた僕にとっては目からウロコ、悩むだけで行動しない自分の魂をたたき起こされたような思いがしました(当時の自分の姿は写真の試験問題に悩むスリウォンと同じだったような気がします)。

まず自分のやっていることに信念をもつこと。今も大切にしていることのひとつです。

■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。

吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演依頼はこちらから

resize0341


ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。


hsf at 00:00│
聞く耳人の助けによって