コツコツと不足こそ生きる力を身につけるチャンス

2019年01月07日

明日を信じて

resize0778

先月、某紙の取材を受け記者から「学校の最終目標はなんですか」という質問がありました。子どもが幸せになることが(学校教育を含めた)子育ての最大の目標ですので、そう答えると、「どういうこと(状態)を幸せと考えていますか」と訊かれました。

僕の答えは単純です。「明日を信じて明るく生きる」。

子どもたちはモノがうれしいわけでも、お金が幸せでもありません。彼らが明日を信じて明るく生きる勇気を得とくするかどうかが幸せの基準ではないでしょうか。僕はそう信じています。

■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。

吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演依頼はこちらから

resize0341


ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。



resize0626「ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

この度、株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中。


「ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦」を当ブログよりアマゾンでご購入いただくと、収益の一部がヒマラヤ小学校へ寄付されます。


hsf at 00:00│
コツコツと不足こそ生きる力を身につけるチャンス