熱意をもって取り組めば新年おめでとうございます

2018年12月31日

2018年大晦日に

今年も静かに暮れようとしています。今年は既報のとおり、僕がネパールで活動をはじめて20年という節目の年でした。そんな節目の年に長年の念願であった本の出版が実現し、夢のような1年となりました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた姿を文字にして残したい。そんな思いだけで書き上げた著書でしたが、思いがけず大勢の人から温かい賞詞をいただいたり、様々な新しい出会いとチャンスに恵まれたりと、著書は僕にたくさんの幸福をもたらしてくれました。懐かしい友人、知人との再会やヒマラヤ小学校への理解が深まったことも嬉しい誤算でした。年明け以降もしばらく著書関連の講演会などが続く予定ですが、ひとつひとつのプログラムを丁寧に務め、次につなげていけたらと思っています。

こうして書いてみると良い事ばかりのように思いますが、事務作業では相変わらずミスが多発するなど反省点も沢山あります。ブログも体調不良やパソコンの故障が重なったとはいえ、途中(特に12月)で何度も息が切れ失速してしまい不満が残りました。来年は必ず改善していく決意です!

さて本年の拙ブログもこれにてお開きです。1年間、ブログを笑覧くださった皆様に御礼申し上げます。来たる年が皆様にとって幸多き年となりますよう祈念いたします。どうぞ良い年をお迎えください。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。

吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演依頼はこちらから

resize0341


ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。



resize0626「ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ

この度、株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中。


「ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦」を当ブログよりアマゾンでご購入いただくと、収益の一部がヒマラヤ小学校へ寄付されます。


hsf at 20:30│
熱意をもって取り組めば新年おめでとうございます