何のために子どもたちに与えられるもの

2018年11月15日

先生達と意見交換

resize0775

先週末、小・中学校の先生達の勉強会で話をしました。ネパールでの経験談を交えつつ、学校は人を育てる場所だから鋳型に嵌める様な工業的な教育ではなく農作物を育てるような教育が大事だと活動を通して痛感した、というような内容の話をしました。いつもながらいっぱいいっぱいでしたが、そこは流石、先生。鷹揚の心で受け止めていただきました。

ネパールと日本、教育事情は大きく異なりますが、人を育てるということは共通しています。先生達のお話からも沢山の学びがありました。ぜひ今後もこうした情報交換、意見交換を定期的に続けていけたらと思います。


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演依頼はこちらから

resize0341


ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。




resize0626「ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ


この度、株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中。





「ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦」を当ブログよりアマゾンでご購入いただくと、収益の一部がヒマラヤ小学校へ寄付されます。


hsf at 00:00│
何のために子どもたちに与えられるもの