めでたく千秋楽顔をそむけたくなるニュース

2018年11月05日

新聞や書評で

resize0760

一昨日の西日本新聞の書評に「ヒマラヤに学校をつくる」が掲載されたと知人から連絡がありました。また先日は都内の大学の生協で著書を見つけた、と支援者から嬉しい連絡もありました(写真を見ると平積みでした!!)。こうして周りの人たちに著書のことを気に掛けて貰うことは本当にありがたく、自分が多くの人に支えて貰っていることを改めて実感します。

名作展会期中には故郷の愛媛新聞でも著書や名作展を掲載していただきました。(中央区の特派員ブログでも)著書はぜひ多くの人(特に若い人)に読んで欲しいと思っていますので、新聞で紹介されたり大学の生協に売られている事実はとても嬉しく、新しい出会いや道につながるのではないかと思うと自然と心がわくわくします。ぜひ、著書が必要としている人の目に止まりますように!!


■ヒマラヤ青少年育英会のホームページを移転・リニューアルしました。


吉岡大祐のプロフィールはこちらから

講演依頼はこちらから

resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。HPのフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。くわしくはヒマラヤ青少年育英会ホームページをご覧ください。



resize0626「ヒマラヤに学校をつくる」上梓のお知らせ




この度、株式会社旬報社より拙著ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦を上梓しました。子どもたちが精いっぱい駆け抜けた20年の軌跡をぜひお楽しみください。全国主要書店およびネットにて発売中。



「ヒマラヤに学校をつくる 〜カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦」を当ブログよりアマゾンでご購入いただくと、収益の一部がヒマラヤ小学校へ寄付されます。


hsf at 00:00│
めでたく千秋楽顔をそむけたくなるニュース