モルディブでも明日を明るく生きる力

2018年03月08日

1960年代のネパール社会

resize0520

古本市などで手に入れたネパールやインド、ヒンドゥ教に関する古い本を再読も含め読了しました。どれも1960年代に書かれたもので、当時の人々の暮らしを知る上で貴重な資料です。当時と今を比較すると、失われていないようで失われてしまったものの多さに気づかされます。たっぷり感満載の祭式儀礼でさえ、当時に比べるとかなり簡素化されていることには正直、驚きました。それだけネパール社会の近代化が進んだということだと思います。

因習として知られている「サティ(寡婦梵殺)」は禁止令が出された1926年以降も散見されたという事実にも驚きますが、当時は夫に絶対服従で女性は離婚も再婚も許されない時代。寡婦が道を通るだけで行き交う人は忌み嫌ったそうですから、紅蓮の炎の中に身を投じて殉死することを選んだ理由もなんとなく分かる気がします。こんな事実を知ると、昔は良かった、なんて懐古主義的なことは軽々しく言えなくなります。

こうして50年以上前のネパールを知ると、これからの社会が少しだけ見えるような気がしますが、はたして50年後はどんな社会になっているのでしょうか・・・・・。


resize0341

ヒマラヤ小学校ではヒマラヤ小学校基金を設け、学校運営へのご支援をお願いしています。メール(info@ikueikai.org)またはHPの申し込みフォームからお申込みください。子ども達が安心して学べるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。


ゆうちょ銀行(総合口座)
【口座番号】10190-65329111
【口座名】ヒマラヤ青少年育英会(ヒマラヤセイショウネンイクエイカイ)

ゆうちょ銀行以外の金融機関から振り込まれるご場合に必要な情報

■ 銀行名:ゆうちょ銀行■金融機関コード:9900■店番:018■預金種目:普通 ■店名〇一八 店(ゼロイチハチ店)■口座番号6532911

詳しくはこちらをご覧ください。

hsf at 00:00│
モルディブでも明日を明るく生きる力