2017年06月26日

進化を伴った原点回帰

resize0286

ヒマラヤ小学校は今、2度目の登板となるヤッギャ校長のリーダーシップの元、進化を伴った原点回帰を目指しています。

ヤッギャ校長は2012年にヒマラヤ小学校を退任した後、卒業生や村人の職業訓練に尽力すると共に、小規模小学校の連携組織キッズマリー財団(元UPSBEN)の仲間と共に設立した学校(二ハリカ学校)で理事を務めていました。今般、学校長復帰にあたり、二ハリカ学校で学んだことを積極的に取り入れ生かしています。さまざまな取り組みについて話を聞く度に、子どもたちが自らの力で生きる学校という原点に戻りつつ、着実に進化していることを実感します。「自きょう息まず」 を地で行くヤッギャ校長の姿には本当に頭の下がる思いです。

hsf at 00:00│