活動の続けかた誇り

2016年11月14日

おめでとう!!アシュミタ

resize0241

ヒマラヤ小学校を開校する前に行っていた母子家庭の女子に対する就学支援活動で、僕たちが最初に支援を行った12人の奨学生のひとり、アシュミタが結婚する事となった。嬉しい報せに喜びで胸がいっぱいになった。

アシュミタと出会ったのは17年前の事。鉛筆を買うために自ら路上でミカンを売っていた時だった。当時の人懐っこい笑顔は変わらぬまま、こんなにも心優しく美しい女性に成長したのだから感慨もひとしおだ。どんな時も母親のメヌカさんと2人肩を寄せ合いながら、貧困に負けることなく逞しく生きてきたアシュミタ。彼女の旅立ちを心から祝福したい。

不安はないのか訪ねると、「お母さんが選んだ人だから心配していない。相手の方が心配しているんじゃないかな」と、アシュミタらしい答えが返ってきた。彼女ならきっと笑いの絶えない幸せな家庭を築いていけるはずだ。弥栄!!


hsf at 00:00│
活動の続けかた誇り