ひとつでも多くのチャンスを顔と名前を覚えて貰う

2014年12月18日

ささやかな楽しみ

12月18日

resize3261

ヒマラヤ小学校の子ども達の絵画展を初めて開催したのは今から7年前、2007年の11月でした。当時、上野広小路にあった「めぐり」で第一期生の描いた18枚の作品を展示して貰ったのが始まりです。学校を開校して以来、いつか子ども達の頑張りを紹介できればと考えていたところ、首尾よく絵画展のお話を頂き、大喜びした事を覚えています。

天にも昇る思いで学校に戻り、いざ絵を描かせてみたところ、子ども達はそれまで画用紙を見た事がなかったため、当初は紙の隅っこに小さな絵しか描く事が出来ませんでした。こりゃ大変だ、と思いながら、何度か失敗を繰り返すうちに、子ども達は画用紙を全部使って良い事が分かり、絵を大きく描けるようになり、また絵の具もいろんあ色を混ぜる事を知り、といった具合に少しずつ上達していきました。今思えば、第一期生は真似るものがない分、とても大変だったと思いますが、本当によく頑張ってくれました。

初めての絵画展で展示した絵は現在、米国、ワシントン州の小学校で飾られています。いつか第一期生の美しい絵と再会した時、どんな思いが心の中を巡るのでしょうか・・・・。僕のささやかな楽しみです。そろそろ再訪しても良い時期かもしれません。



絵画展案内ポストカード - コピー
ヒテレビ愛媛開局45周年記念イベント
ヒマラヤ小学校絵画・写真展2014


「輝く笑顔、大きな夢」
〜吉岡大祐が一緒に歩んだ10年間〜




放送日時2
テレビ愛媛開局45周年記念特別番組
「ネパールに咲く小さな花」
2014.12.27 12:00〜放送予定




resize2016
ケナフカレンダー(2015年版)販売のお知らせ


今年も子ども達が育てたケナフから美しいカレンダーが完成しました。大好評チャリティ販売中です。ご協力をよろしくお願いいたします。発送は11月頃となります。詳しくはこちらから  ご予約はこちら

hsf at 00:00│
ひとつでも多くのチャンスを顔と名前を覚えて貰う