もうすぐエミフルでの絵画展支援の輪

2014年11月13日

ブッダ・ラチミの変化

11月13日

resize3207

「見て、見て、上手になったよ」。

ブッダ・ラチミが屈託のない笑顔をふりまきながら、完成したばかりのバングルを見せて来た。

ブッダ・ラチミは数年前までヒマラヤ小学校で学んでいた女の子だ。障害を持つ父親は、峠の食堂で皿洗いをしているため殆ど家に帰らず、母親は早くに蒸発。育て親である祖母が亡くなってからは学校へ来なくなり、しばらく父親の勤め先の峠の食堂で住み込みをしていたようだ。今年になって突然、村に戻り、前校長のヤッギャ先生の元を訪ねてきたそうだ。

その後、身寄りがないブッダ・ラチミはヤッギャ先生に引き取られる事となり、3か月ほど前からはヤッギャ先生の家の1階で行われているバングル作り等の職業訓練を受けている。ヤッギャ先生家族の愛情を受ける様になってから、ブッダ・ラチミは見違えるほど笑顔が明るくなった。ヤッギャ先生は「バングル作りを教えながら、少しずつ復学の道に導いていきたい」と話していたが、この様子だとブッダ・ラチミが復学する日が来るのも近いはずだ。がんばれ、ブッダ・ラチミ!

それにしてもヤッギャ先生の滲み出るような真摯な姿勢と人間性には、いつもながら頭の下がる想いだ。



絵画展案内ポストカード - コピー
ヒテレビ愛媛開局45周年記念イベント
ヒマラヤ小学校絵画・写真展2014


「輝く笑顔、大きな夢」
〜吉岡大祐が一緒に歩んだ10年間〜

*恐れいりますが、在廊、絵画・写真展に関するお問い合わせは、(お店ではなく)吉岡まで直接、お願いします。


放送日時2
テレビ愛媛開局45周年記念特別番組
「ネパールに咲く小さな花」
2014.12.27 12:00〜放送予定



resize2016
ケナフカレンダー(2015年版)販売のお知らせ


今年も子ども達が育てたケナフから美しいカレンダーが完成しました。大好評チャリティ販売中です。ご協力をよろしくお願いいたします。発送は11月頃となります。詳しくはこちらから  ご予約はこちら

hsf at 00:00│
もうすぐエミフルでの絵画展支援の輪