仕事は楽しいですか?立派な”空手バカ”の誕生を喜びたい

2014年04月04日

バイヤーセンスゼロ

4月4日

resize2469

先日、職業訓練所が受けた大きな注文を、皆で協力して無事納期までに仕上げた、という話をお伝えしたが、その後、納品を確認した発注者から、「どれも素晴らしい!」と嬉しいお褒めを頂いた。みんなが一生懸命作る姿を間近で見ていただけに、納品を褒められたことは自分の事のように嬉しい。よかった、よかった。

職業訓練所を主宰するヤッギャ先生や関係者に発注の事を伝えた時、皆、歓喜の声を上げて喜んでいたが、直ぐに「それで、何を創ればよいの?」や「発注者の希望は?」という質問が飛び出した。発注者側は予算内であれば「全てお任せ」という事だったので、そのまま製作者に「お任せ」することした。ただ単にモノを作るだけでなく、一人ひとりが考えながらモノづくりをするきっかけになれば、という思いも少しあったが、悲しい哉、自分自身に流行とか、売れる物、といったバイヤー的センスが皆無なため、適切なアドバイスが出来ず、「お任せ」でお願いするのが精いっぱい、というのが本音だ。

その後、完成した品を見た時、実は「ん〜これは、どうかなぁ?」と思うような変な物も含まれていて、首を傾げながら梱包作業を行ったのだが、蓋を開けてみると、実は僕自身が首を傾げたそれらの品々が大好評という驚きの結果となった。実際、これまでに行ったチャリティ販売でも、自分がダメだと思ったものが喜ばれたり、売れたりする事が殆ど。磨けど、磨けど光らないバイヤーセンス。改めて自分のセンスのなさを痛感しつつ、これかは自分の直感と「逆」でいこう!と決心した。これでヒット間違いなし!かな。


hsf at 00:00│
仕事は楽しいですか?立派な”空手バカ”の誕生を喜びたい