暗算スモモが満開!

2014年02月19日

7歳のジーナがファッションショー

2月19日

resize2364

カトマンズは花冷えで寒い日が続いている。13日の夜からは断続的に雨が降り続き、雨にめっぽう弱いネパールの人々は凍えて、家に引きこもっているようだ。普段は比較的温かいカトマンズも、曇ったり雨が降たりすると猛烈に寒くなる。ここが1350メートの高地である事、そして、日ごろいかにお日さまの恩恵を受けているのかを思い知らされる。

14日の朝、支援者の方から心温まるバレンタインデーのカードを頂き、凍えた体が一気に温まった、と同時に、この日がバレンタインデーという事に気が付いた。カトマンズのバレンタインデーというと、日本ほど熱狂的?ではなく、一部の若い人たちの間でカードや花を交換したりする、いたって静かなイベントのようだ。

実は先日から、ヒマラヤ小学校を開校する前に行っていた就学支援活動の第一期生ジーナから、「14日の金曜日にカトマンズのショッピングセンターに来て」と何度も電話があった。理由を尋ねても、「来たらわかるわ」との返事。首を傾げながら、とりあえず指定された時間に出かけてみる事に。

ショッピングセンターに着くと、ジーナが昔から変わらない人懐っこい笑顔と甲高い声で迎えてくれたのだが、何時もと違うのは化粧。目の淵に大きなアイシャドウ?が塗ってある。アングリと口を開きながら、「どうしたの?」と尋ねると、なんでもこの日開催されるバレンタインデーのイベントの中のファッションショーに出演するとのこと。事の経緯は分からないが、兎に角、ジーナの晴れ舞台ということのようだ。

会場入りして、待つこと2時間あまり。開演予定時間を大幅に遅れてようやくイベントが始まった。良くも悪くもネパール風の進行で、歌手が歌を歌う途中で音楽が止まったり、ダンスの曲を間違えたり、とハプニングの連続だったが会場は大盛況。洗練されていない分、趣があって、なかなか楽しめる内容だった。

resize2370

さて、この日のメーンイベント、ファッションショーがいよいよ始まった。カメラを構え、ジーナの登場を待ったていると、なんと初っ端からジーナが登場。キャットウォークを歩く姿もなかなか華麗で様になっていた。ポーズもバッチリ。なにより堂々と演じているのが良かった。女性モデルはジーナを含めて10名ほどいたが、歩き方やポーズ、衣装も含め、間違いなく一番だった(ひいき目ですが)と思う。素晴らしい演技を披露してくれたジーナ、ありがとう。

resize2365

ジーナは小学校で教鞭をとったり、服屋で働いたりと、職場を転々としている状態だが、本当はファッションに強い興味があるのだと思う。未だ心の中にこの世界で生きる事に迷いがあるのかもしれない。本人が望むのであれば、何らかの形で背中を押してあげられたらと思う。まだ20歳を少し超えたばかり。若さを生かしてどうんどん挑戦して欲しいと思う。

それにしてもジーナは出会った頃(7歳)と声も無邪気な性格もまったく変わっていないせいか、僕の中では7歳のままだ。その7歳のジーナがファッションショーのモデルを見事に演じたのだから、なんだか夢のようだ。

ファッションショーといえば、こんな事もあったなぁ・・・・・


お知らせ

しばらくの間、カトマンズを留守にします。問い合わせやメイルへの返信が大幅に遅れます事、お詫び申し上げます。

hsf at 00:00│
暗算スモモが満開!