大きく、そして逞しくなったスモン子ども達の描く「ネパール」

2013年09月24日

精霊の山「マナスル」

9月24日

resize1875

カトマンズ盆地からよく見えるヒマラヤといえば、ガネッシュヒマール(7,422 m)やランタンリルン(7245m)、ゴウリシャンカール(7134m)などが挙げられるが、天気が良い時には西北にマナスル(8,163M)の姿を見る事も出来る。

マナスルは1956年に槇隊長率いる第三次マナスル日本登山隊の今西壽雄さんが初登頂した事で日本人にも馴染み深いヒマラヤだ。そんな事もあってマナスルが見えると、他のヒマラヤを見る時よりもうれしい気持ちになり、何か良い事が起こりそうな予感がする。自分にとって験担ぎのヒマラヤでもある。(もう一つ、東ネパールのカンチュンジュンガも勝手に験を担いでいる)

先日、マナスルが美しい姿を現した時、胸の中にあるいろんな願い事を念じてみた。さて、どんな結果になるか・・・・・・・・。

お知らせ


第19回全国「かまぼこ板の絵」展覧会

SKMBT_C224e13071819280_0001■会場:西予市立美術館ギャラリーしろかわ 
〒797-1717愛媛県西予市城川町下相680番地 TEL 0894-82-1001(代)
■展覧会期間:平成25年7月20日(土)〜12月8日(日)
■休館日:毎週 火曜日(祝日の場合は翌日休館)
■開館時間:9時〜17時
■入館料:一般400円、高校・大学生300円、小・中学生100円
NNNドキュメント‘13 「守ちゃんとよしえちゃん」
放映日:2013/9/29 (日) 深夜24:50〜25:20
全国日本テレビ系列22局ネット





hsf at 00:00│
大きく、そして逞しくなったスモン子ども達の描く「ネパール」