嬉しい瞬間上級生への憧れ

2013年08月03日

カムラリ

8月3日

resize1766

ネパールでは今も貧困家庭の少女が親の借金の形や食い扶持を減らすことを目的に、地主などの家に奉公に出される事がある。そうした少女はカムラリと呼ばれ、中には奉公先でひどい扱いを受ける子も少なくないようだ。そういえば以前、知人の家にもタル―族の幼い少女が奉公人として働いていた事があったが、今思えば、あの子も「カムラリ」として、遠くカトマンズまで働きに来ていたのかもしれない。「子どもは親を選べない」だけに、親が原因で奉公に出される「カムラリ」の現状には胸が痛む。

写真は女主人(綺麗な服を纏った)と奉公人と思われる少女。今は当たり前のようなこうした光景も、いつか消えてなくなる日が来るのだろうか・・・・・・。今の社会を見る限り、気の遠くなるような時間が掛かりそうだ。


お知らせ



第19回全国「かまぼこ板の絵」展覧会

SKMBT_C224e13071819280_0001■会場:西予市立美術館ギャラリーしろかわ 
〒797-1717愛媛県西予市城川町下相680番地 TEL 0894-82-1001(代)
■展覧会期間:平成25年7月20日(土)〜12月8日(日)
■休館日:毎週 火曜日(祝日の場合は翌日休館)
■開館時間:9時〜17時
■入館料:一般400円、高校・大学生300円、小・中学生100円

←画像をクリックすると大きくなります


hsf at 00:00│
嬉しい瞬間上級生への憧れ