冬場の楽しみ心強い仲間

2013年01月28日

幼稚園クラスを学級担任制へ

1月28日

resize0235

ヒマラヤ小学校は数年前、学級担任制から教科担任制に移行した。当時、教員研修が殆ど行われておらず、新任の先生が全教科を担当する事が難しかったため、教科担任制へ移行したように記憶している。

現状の教科担任制について特に不満はないのだが、実は幼稚園の3クラスだけ学級担任制を復活させてみてはどうか、と密かに考えている。学校へ通うことは園児にとって集団生活の始まり。そのスタートを円滑に行うためには、 常に担任が園児の行動に目を配り、心を通わせながら細やかな指導を行う事が大事ではないかと思う。これから少しずつ先生たちと学級担任制について話し合ってみたい。

hsf at 00:00│

この記事へのコメント

1. Posted by なっちゃんママ   2013年01月28日 21:09
5 教科担任制は引き受ける側としては負担が軽く助かりますが・・・そうですね、幼児期は確かに発達段階からしても学級担任が全人的な教育を行うのにはいいのかもしれませんね(素人の考えですが・・・^^;)
でも雛鳥と親鳥のような関係が、やがて心豊かで大きな人間を形成していくようにも思います。
何はともあれ、子ども達にとって素晴らしい未来が拓けることを祈っております。
2. Posted by 吉岡大祐   2013年01月29日 09:13
なっちゃんママ様
コメントをいただき、ありがとうございます。園児の間は、ひとりの大人としっかり心を通わせる必要があるのかな、と思うようになりました。まだ個人の構想段階ですが、幼稚園の教科を減らし、学級担任制を導入してみるだけの意義はあるように思います。不安もありますが・・・。

冬場の楽しみ心強い仲間