ヒマラヤ小学校通信先生たちの成長

2012年06月13日

支援者にプレゼントして欲しい

6月13日

resize5101

ヒマラヤ小学校通信4月のニュースで、子ども達が豆本作りに挑戦した事を取り上げたところ、複数の支援者の方から「そういう事だったのね」、と喜びのメールをいただいた。

実は作った豆本を子ども達にプレゼントしたところ、一部の子ども達が「支援者にプレゼントしてほしい」と言って来たため、そのまま豆本を支援者へ送る事になった。思いがけないプレゼントに支援者の皆さんも喜ばれたようだが、豆本を送った経緯について連絡していなかったので、通信を読んで初めて事の経緯を知り、上記の「そういう事だったのね」となったのだ。

resize5098

何時もながら「支援者にプレゼントしてほしい」と言って来た、子ども達の健気な優しさには胸を打たれるが、子ども達の自分を見て欲しい、認めて欲しいという思いがひしひしと伝わってくる。

それにしても、こうして子ども達が授業の中で作った成果物を支援者に見て貰う事は、お互いの顔が見える支援活動を目指す上でも大切な事だと思う。子ども達の感謝の気持ちが支援者に伝わるだけでなく、支援者に子ども達の成長を知って頂く上でも役立つのではないだろうか。交流の充実を模索している中で、子ども達の声は貴重なアドバイスとなった。




hsf at 00:00│

この記事へのコメント

1. Posted by ココア   2012年06月13日 22:46
5 豆本は素敵なアイディアですね。気持ちのこもった豆本は喜ばれること間違いなしです。あと、豆本で学習意欲もわきそうです。
2. Posted by 吉岡大祐   2012年06月13日 22:59
ココア様
コメントを頂き、ありがとうございます。
大勢の方にご協力いただいた豆本を有効に活用する事でき、本当にうれしい限りです。
今回の豆本も学校を知っていただいたからこそ実現しました。やはり一人でも多くの方に学校を知っていただくことが大事だと実感する今日この頃です。
ヒマラヤ小学校通信先生たちの成長