新しい靴校内留学

2012年05月01日

勧進帳

5月1日

「二ジャンとスジャンが喧嘩してるよ」。
昼休みの職員室で休んでいると、3年生の女子が息を弾ませながら報告してきた。

resize4721

現場に駆けつけてみると、二ジャンが床に転がりながら泣いていた。なんでも二ジャンとスジャンの2人が積み木で遊んでいたところ順番を巡って喧嘩になり、弟のスジャンが二ジャンの背中を叩いて泣かせたらしい。さてさて、どうやって収めようか考えていたところ、突然、学校一のヤンチャ小僧、5年生のアニシュ(アニール)が教室に飛び込んできた。

resize4722
「二ジャン、しっかりしろ。傷は浅いぞ」と言ったかどうかは分からないが、なにやら二ジャンに話しかけるアニシュ。その後、突然、立ち上がりスジャンのそばへ。

resize4725
「二ジャン、しっかり見ろ」と言った後、スジャンの背中をバンバン叩くアニシュ。実は背中に添えた自分の手を叩いているところが憎い。

さらに「どうだスジャン、痛いだろ。痛みが分かるなら、もう二度と叩いちゃいけないぜ」と、二ジャンに聞こえるように大声でスジャンを叱る(フリをする)アニシュ。その姿は弁慶が金剛杖で義経を打ち据える「勧進帳」を彷彿させ、思わず「成田屋!」と掛け声を掛け、おひねりを投げたくなった。

resize4724
アニシュの芝居が功を奏し泣き止んだ二ジャン。しばらく沈黙が続いていたが、帰るころには2人ともすっかり仲直りしていて安心した。

それにしても5年生になった途端、誰かを泣かす事が日課だったヤンチャ小僧のアニシュがこれほど変わるとは正直、夢にも思っていなかった。もしかしたら5年生になったことで、アニシュなりに自分の役割や居場所を見つけられたのかもしれない。今年は何だかすごい年になりそうだ。






hsf at 00:00│

この記事へのコメント

1. Posted by ぴー   2012年05月01日 07:10
5 アニシュ君、あっぱれです!
自分の手をたたくなんて・・・優しいな。
兄弟のどちらに対しても思いやりをもって対応した心が素晴らしいです。たよりになる5年生ですね。
2. Posted by 吉岡大祐   2012年05月01日 12:23
ピー様
コメントありがとうございます。本当にあっぱれ。あんな演技力を持っているとは、驚きでした。

新しい靴校内留学