至福に満ちた美しい表情写真展の準備完了!

2011年10月29日

神々と交信

10月29日

resize2511ダサイン大祭は日本の正月と似ている点がいくつかある。その一つが凧揚げをして遊ぶ習慣だ。日本では電線や建物にさえぎられ自由に凧をあげることが難しくなったせいか、衰退の一途を辿っている凧揚げだが、ネパールでは今尚、子ども達、特に男の子に人気のある遊びのひとつだ。ダサイン大祭の前後には原っぱや家の屋上で楽しそうに凧揚げをする子ども達の姿を見る事が出来る。一説によると、ネパールの凧揚げは神々と交信するという意味があるそうだ。何でも神様と結びつけるネパールらしい素敵な話だ。

先日、往診をしているスラム地区の傍にある大きなゴミ捨て場で、スラムで暮らす少年が凧揚げをしている姿を見かけた。ゴミに埋もれながら夢中になって凧を揚げる少年。少年は神様とどんな話を交わしたのだろうか。少年のささやかな願いが神様に届くことを祈りつつ、その場を後にした。

さてダサインが明けてから2週間余り。未だ十数人の子どもが学校へ姿を見せていない。毎年、ダサイン期間中に故郷に帰った子ども達は、(ダサインの後に行われる)ティハール祭りが終わってからようやく村に戻ってくる子が多いので(中には2ヶ月くらい経ってからようやく戻ってくる子もいる)、それほど大きな心配はしていないのだが、長期休暇によって保護者の教育に対する関心が薄くなってしまい、いつの間にか学校を辞めさせてしまうケースが後を絶たない現状だけに、注意深く見ているところだ。僕が凧揚げをしたなら、ティハール明けの日曜日、子ども達全員が元気な姿で登校する事を願うだろう。残念ながら凧揚げはめっぽう下手なのだが。。。。



hsf at 14:33│

この記事へのコメント

1. Posted by トリヨ   2011年10月31日 21:26
5 凧揚げが神様との交信なんて素敵です。男の子がゴミの中でも楽しそうに凧を揚げる姿に救われる思いがします。吉岡さんの願いも神様に届くといいですね。凧揚げ頑張って練習して下さい。
2. Posted by 吉岡 大祐   2011年11月02日 12:17
トリヨ様
コメントをお送り頂き、ありがとうございます。残念ながら凧揚げの上達が難しいようです。指導役の子ども達も皆、お手上げのようです。それでも「教えてあげる」と言ってくれる優しい子もいるのですが。。。。




> 凧揚げが神様との交信なんて素敵です。男の子がゴミの中でも楽しそうに凧を揚げる姿に救われる思いがします。吉岡さんの願いも神様に届くといいですね。凧揚げ頑張って練習して下さい。
至福に満ちた美しい表情写真展の準備完了!