NHKーBS1「地球アゴラ」空手熱

2009年06月08日

教育への関心

新5年生卒業生の進路について、これまで大勢の方から質問や心配の声をいただいた。なかなかはっきりとした答えが出来なかったのは、日本と違いネパールでは最後の最後、実際に蓋を開けて見るまでは正確な事は何も分からないというのが理由だった。昨日の話と今日の話が180度異なる事など当たり前の事で、文化、習慣の違いとはいえ、かえって支援者の方にご心配をおかけすると思い、できるだけ明言は避けることにしたのだ。オープンスクールについても実際に始めてみるまでは、正直、僕たちでさえ確実な事は分らない状況だった。

結果からすると18名の卒業生全員の進学が決まったわけだが、15歳以上という年齢制限によってヒマラヤ小学校内に開校したオープンスクールへ入学できなかった子ども達や、オープンスクール以外の中学校を希望して進学した卒業生に対する支援についても未定のままだし、現時点では特に積極的な支援は考えていない。

特にオープンスクール以外の学校へ進学した子の中には、親が教育の大切さを理解し、親類などの助けを受け進学させたケースも多い。親類の協力があるとはいえ、保護者が教育に関心を持ち、自力で頑張ろうしているのだから、これは本当に大きな成果であり、すばらしい事だと思うもちろん必要ならば出来るだけ卒業生達を支援したいと考えているが、はじめから支援ありきではなく、暫くは子ども達や保護者の自助努力を影から見守りたいと思っている。



hsf at 03:35│
NHKーBS1「地球アゴラ」空手熱