新入生選考会嬉しいお知らせ!芝・増上寺でポストカードを販売中。

2008年04月01日

ビーズ教室

4月1日 

ビーズ今日はヤッギャ校長の自宅で、里親教育基金の奨学生リタによるビーズ教室が開かれた。小さな子ども達も参加し、初めてのビーズ教室は楽しく有意義なものとなった。

来年はヒマラヤ小学校から初めて卒業生を送り出す予定となっているため、開校以来の大きな目標の一つでもある、卒業生の経済的な自立を達成させるための職業訓練所の開設が待ったなしの状況だ。これから1年掛けて、しっかりとした職業訓練のプログラムを構築しなければならない。

プログラムを作るにあたって最も大切な事は、子ども達が本当にその技術や知識を元に頑張っていきたいと思えるかどうかだと思う。一方的な押し付けでは、結局、どんな活動だって長続きはしないだろう。ただ、現時点で「何がしたいか?」という問いに答えられる児童は殆どいないと思う。そのためにも早い時期から、様々な職業技術に触れさせる事で、自立意識の高揚を図ることが欠かせない。

ビーズ教室に参加した子ども達が、真剣な表情で取り組んでいる様子や、完成した時の嬉しそうな様子を見ると、職業訓練プログラムの一つとして構築できるような気がした。特に女の子にとっては、こうしたアクセサリー作りは職業として最適ではないかとも思う。これから練習を続けるうちに、奇抜なデザインのアクセサリーも出てくるかもしれない。楽しみだ。

リタ今日、子ども達に指導してくれたリタは幼い頃から大変聡明な学生で、現在は法科大学で学びながら弁護士になるという大きな夢に向かって頑張っている。2005年には日本訪問の機会にも恵まれ、北海道から九州まで日本各地を回りネパールの窮状を訴えた。教育を受けられた喜びと感謝の気持ちを一生懸命語るリタの姿は、各地で多くの感動を呼んだ。

あれから2年半、リタは自分の目標を決して見失う事無く、しっかりと夢に向かって歩んでいる。応援する僕たちにとっては何よりも嬉しいことだ。これから4月下旬までビーズ教室が開催される予定だが、子ども達にはビーズ作りだけでなく、夢を諦めずに頑張る姿など、リタからたくさんの事を学んで欲しいと思う。





hsf at 08:26│
新入生選考会嬉しいお知らせ!芝・増上寺でポストカードを販売中。