ネパール特集がんばれネパール人

2008年02月04日

夢中になれること

2月4日(月)

勉強3学期が始まってから、校内は何となく試験前の緊張感のようなものが漂っている。3学期の期末試験は進級に関わる大事な試験だから無理もない。特に1、2学期の試験で思うような結果を残せなかった子は気が抜けない毎日だと思う。

今年度入学した子供たちも初めての進級試験に向けて頑張っている。新入生に限らず、鼻水を垂らしながら一生懸命勉強している子ども達を見ると、ぜひ、全員合格して楽しい新学期を迎えて欲しいと思う。

僕自身は子供の頃から勉強が大嫌いで、テスト前も遊んでばかりいたので、毎年、進級試験を受けなければならないネパールの子ども達が可愛そうに思えてならない。個人的には子ども達が勉強している姿より、楽しそうに遊んでいる姿の方が好きだ。


ヘディング先日、3年生の二ロージュが、放課後の校庭で一人、サッカーの練習をしていた。来月、村の友達とサッカーの試合をするそうで、二ロージュはヘディングの練習に余念がない。サッカーボールの代わりに大きなバスケットボールを使って練習をしていたので、痛くないのか訊いて見ると、“バスケットボールの方が良く跳ねるので調子が良い“との答えが返ってきた。

汗でびっしょりになりながら、夢中になってボールを追いかけるに二ロージュの姿を見ていると、こちらまで嬉しくなってくる。勉強はもちろん大切だが、ヒマラヤ小学校に入学したことで、夢中になれる事を見つけてくれた事が一番嬉しい。
ジャンプ




hsf at 04:38│
ネパール特集がんばれネパール人