若さの利点家庭訪問

2008年01月30日

寺子屋3周年

1月30日(水)

寺子屋1開校から3周年を迎えた「隻手薬師寺子屋」で、ささやかな開校祝いを行なった。早いもので隻手薬師寺子屋が開校してから3年の月日が流れた。既に100名を超える子ども達が寺子屋で読み書きを覚え、それぞれの道へと巣立っていった。『読み書き』という、生きていく上で大切な知識を身につけた喜びは、何とも筆舌には尽せないものがあるだろう。寺子屋の開校によって学校に行けない貧しい子供たちにも、学びの機会を提供できた事は本当に意義があると思う。

寺子屋2寺子屋で基本的な知識を学んだ後、ヒマラヤ小学校に入学した子、他の学校で就学の夢を実現した子、その他、農作業に汗を流している子もいるが、みんな、それぞれの道で頑張っている事は本当に嬉しいことだ。時々、農作業の休憩時間だろうか、畑で本を広げて勉強している(寺子屋の)卒業生の姿を見かける事もある。


寺子屋今日は卒業生達も大勢集まり、在校生と一緒になって3周年を祝った。残念ながら停電のため子ども達の大好きなダンスは出来なかったが、みんなで美味しいオヤツを食べながら大きな声で歌を歌い、本当に楽しい時間を過ごす事が出来た。これからも隻手薬師寺子屋が貧しい子ども達の学びの場、そして心の居場所として発展する事を願っている。



hsf at 04:27│
若さの利点家庭訪問