今の心境を、今の歌声で3階校舎建設

2008年01月10日

アプスベン

1月10日(木)

ラリットプール市内の小規模私立学校で組織されたネットワーク『私立学校教育向上協力会』、通称UPSBEN(アプスベン)の理事会が開かれ、今後の活動について協議が行なわれた。

UPSBENの活動はHP上でも紹介しているように、昨年は歌唱コンテストやダンスコンテストなど様々なイベントが行なわれ、大いに盛り上がったヒマラヤ小学校も開校以来、初めて“入賞”という貴重な経験をすることが出来、学校としての士気が上がるなど、UPSBENに加盟した効果は計り知れないものがある。

それまで負けの常連校だったヒマラヤ小学校。それでも諦めずに挑戦を続けた子ども達。努力が実ったあの日の喜びは、決して忘れることは出来ないだろう。“失敗しても強くなる”、そんな子ども達の逞しさを発見できたことが、UPSBENに加盟した一番の収穫だったのかもしれない。

今年、UPSBENではコンテストの他、教師の交換プログラムや科目毎の勉強会なども開催する予定だ。特にヒマラヤ小学校のように若い先生が中心の学校では、こうしたプログラムは非常にありがたい。異なる教育現場を見ることは、若い先生達にとって大きな勉強の機会になると思う。少し遠くから学校を見ることで、ヒマラヤ小学校の良長、短所も見えてくるではないだろうか。今年もUPSBENの活動に期待したい。


hsf at 01:21│
今の心境を、今の歌声で3階校舎建設