新年を祝う。尼寺で脳血管疾患の治療

2008年01月02日

新年会

1月2日(水)

朝、ジョルクー地区で治療。先日、手袋を紛失してしまったためバイクでの移動が辛い。早朝の冷風に晒され村に着いた頃には手の感覚が殆どなくなっていた。人の体に触れる仕事なので常に手を温ためる事を心掛けているが、このような状況では治療にも影響が出てしまう。早いうちに登山用品店へ厚手の手袋を買いに行こうと思う。

昼からは遅れているケナフニュースレターの取材に奔走した。活動も3年半が過ぎ、関わっている人の数も増えている。約束をすっぽかされる事など日常茶事のネパールだが、今日も予定通り?約束をすっぽかされ、大事なな写真撮影とインタビューが実現できなかった。“何事も慌てない”これこそネパールなのだから、へこたれずに頑張るしかない。

夕方からはタメル地区で新年会に出席、気の合う“日ネ混合の変り種”の人たちと、楽しい夕べの一時を過ごした。



hsf at 01:08│
新年を祝う。尼寺で脳血管疾患の治療