他校との連携と慰労会ビナの成長、栄養摂取プログラム

2007年06月29日

小さな挑戦者

6月29日(金)

ラクシミ今日は、昨日のブログで紹介した私立学校教育向上協力会(UPSEBEN)主催の作文コンテストが開催され、ヒマラヤ小学校からラクシミ・ナピットとビナ・カドギ(共に4年生)の2人が参加した。


UPSBENに加盟している学校の殆どがラリットプール市(パタン市)の都市部にある私立学校だ。やはり都市部の学校の生徒達だけあって、村の子ども達よりも垢抜けた感じさえする。当初、普段とは異なる雰囲気にビナとラクシミも少し戸惑っている様子だった。これまで村から出たことが殆どない2人だから無理も無い。それでも、いざコンテストが始まると、2人とも用紙に向かい黙々と筆を走らせる姿は、見ていてとても頼もしかった。

持ち時間の半分が過ぎた頃には2人は作文を書き終えた様だったが、2人とも周りをきょろきょろ見渡して落ち着かず、何となく意気阻喪している様にも見えた。どうも周りの子供達が筆を休めることなく、何ページも作文を書き続けている様子を見て二人とも不安になったようだ。

作文は量よりも内容の方が大事だと思うが、与えられた時間や用紙の量を考えると、今回はある程度長い作文が求められている。多分、二人にはこの意味がよく理解出来ていなかったのだと思うが、残念ながらこれが現時点でのヒマラヤ小学校と都市部私立校との実力の差だと思う。都市部の私立校の子ども達なら、過去にもこうしたコンテストに参加した経験もあるだろうし、経験が豊富な分、大体の事はそつなくこなす事が出来る。未だヒマラヤ小学校の子ども達には気持ちの面で余裕がないのだろう。

作文結局、今回、ヒマラヤ小学校から参加した2人とも入賞は出来なかったが、審査員から内容について誉められ、2人ともとても喜んでいた。まだまだ入賞できる実力をつけるまでには時間が掛かると思うが、ヒマラヤ小学校の子ども達には常に挑戦者としての気持ちを忘れず、一つ一つの経験を積み重ねながら自信をつけて欲しいと願っている。ヒマラヤ小学校の子ども達の挑戦は始まったばかりだ!!




hsf at 03:24│
他校との連携と慰労会ビナの成長、栄養摂取プログラム