試験終了成績発表

2007年04月07日

ケナフ・みどりの少年団

4月7日(土)

ケナフ質疑応答今日は、昨年の“第2回こども環境ケナフ会議”で設立された“ケナフみどりの少年団”の代表が集まり、釜野先生を交え、今後のケナフ活動について夢のある意見交換が行なわれた。これまで学校単位での活動は積極的に行なわれてきたものの、こうして各校の“みどりの少年団”が集まって一緒に活動を行なうのは、会議を除いて今回が初めてだった。



緑の少年団当初、お互いに緊張気味の子ども達だったが、時間が経つにつれ打ち解けあい、途中からはとても活発な意見が交わされた。子供らしい豊かなアイデアも沢山飛び出し、聞いている僕らの方が大いに学ばされた。今日は釜野先生に直接、ケナフについて質問できる機会でもあったため、子ども達からは様々な質問が飛び出したが、釜野先生は優しい言葉で、子ども達一人ひとりの素朴な質問に丁寧に答えてくださった。釜野先生のお話に瞳を輝かせながら。夢中になって聞き入る子ども達の姿から、彼らの大きな熱意が伝わってきた。


サークル午後からは場所をカトマンズ郊外の植物園に移し、オリエンテーションが行なわれた。芝生の上で車座になって、名前を覚えるゲームをしたり、ジョークを飛ばしあったり、暖かい春の日差しの下で、楽しく充実した時間を過ごす事ができた。学校の異なる子ども達が今回の活動を通して、お互いに打ち解けあえた事が一番の収穫だと思う。これから“ケナフ・みどりの少年団”同士の横の繋がりをしっかり築き、地域に根ざした活動に発展させたい。


集合写真今日はケナフ活動の発展を刮目して待っている子供たちの生の声を聞いて、本当に大きな励みとなった。これからも子ども達一人ひとりの声をしっかり汲み上げ、全員一丸となってケナフ活動の発展を目指して頑張りたいと思う。





hsf at 00:12│
試験終了成績発表