クリシュナさん。小さな争い

2007年03月28日

がんばれ!サシナ

3月28日(水)

試験中いよいよ今日から期末試験が始まった。子ども達にとっては大事な、大事な進級試験。兎に角、日頃の努力の成果を思いっきり発揮して欲しいと願っている。スラスラと解答用紙を埋めている子を見て安心したり、考え込んでいる子を見て不安になったり、どうも試験というのは見ている方が落ち着かない。特に1,2学期の成績が思わしくなく、進級が危ぶまれている児童を見ると、回答を全部、教えてあげたい気持ちにもなる。そんな気持ちを抑えつつ、先生達と試験の監視を続けた。

2年生のサシナは進級が危ぶまれている児童の1人だ。サシナには軽度の知的障害があるため、授業中はきちんと答えられる質問でも、試験になると少しパニック状態に陥り、回答を書く事が難しいようだ。先日、進級が危ぶまれている子ども達を集め補習授業を行なったが、授業中は先生も驚くほど、出された質問にきちんと答えられていた。今日も少しパニック状態になったため、急遽、ビディヤ先生が隣に座ってサシナを落ち着かせる事にした。

暫くするとサシナも落ち着いたようで回答を書き始めた。サシナのような障害を持った子には、試験は大変だと思う。昨年もサシナを進級させるかどうかで先生達と何度も話し合ったが、結局、留年させて1年間、様子を見ることにした。これまでの試験結果を見ると、昨年よりも成績は上がっているが点数の余裕がなく、進級は期末試験の結果次第となっている。

サシナ僕、個人としては、どのような結果であってもサシナを進級させたいと考えている。学校で勉強してもサシナが一向に変わらない様子に苛立ち、サシナを非常に冷たくあしらっているようだ。もしサシナが留年を繰り返せば、サシナへの愛情は更に薄れ、サシナをどんな扱いにするか不安がある。学校へ通わせる事も止めるかもしれない。ただ、サシナを無条件で合格させた場合、他の児童の保護者から苦情が出る可能性も否めない。障害児への理解が少ない現状では、仕方のない事だと思うが、非常に難しい問題だ。結局はサシナがきちんと合格点を取り、胸を張って進級することが求められている。

今日は大好きなビディヤ先生にずっと傍にいて貰えたので、試験は上手く出来たようだ。ビディヤ先生に明日もサシナの傍にいて欲しいとお願いをすると、快く引き受けてくれた。何とかサシナが進級できるよう、出来る限りの事をしたいと思う。頑張れ!サシナ。







hsf at 05:02│

この記事へのコメント

1. Posted by まいぺーす   2007年04月02日 21:33
いろいろな子供達に勉強を教えるのは大変なことだと
おもいます。ビディヤ先生達の努力や吉岡さんの応援で
子供達が試験に合格することを祈っています。
2. Posted by KIYO   2007年04月04日 22:54
私もサシナくんに負けないぐらい先生方にいっぱい迷惑をかけてようやく今春、鍼灸学校を卒業、鍼灸師となりました。今は鍼灸学校の先生方に感謝、感謝のみです。サシナくんにも先生方や吉岡さんに感謝する時がいつか来るでしょうね。
3. Posted by hanamizuki   2007年04月05日 22:48
サシナの存在が今後ハンディキャップを持った子どもたちへの理解に繋がって、
周りを変えていってくれるかもしれませんね。
4. Posted by 吉岡大祐   2007年04月12日 01:37
まいぺーす様
子ども達への暖かい応援、本当にありがとうございます。今回の試験、子ども達は本当に頑張りました。どうか今後とも、子ども達への暖かいご声援、宜しくお願いいたします。
5. Posted by 吉岡大祐   2007年04月12日 01:43
KIYO様

コメントをお寄せ頂き、ありがとうございました。KIYO様には鍼灸師になられたとの事、まずはお祝い申し上げます。サシナが大きくなった時、ビディヤ先生の優しさを思い出す事があると思います。子ども達には他人の痛みが分かる人間になって欲しいと願っています。
6. Posted by 吉岡大祐   2007年04月12日 01:46
hanamizuki様

コメントをお寄せいただき、ありがとうございました。サシナには同じような境遇を抱える子ども達の憧れの存在として、自身を高めて欲しいと願っています。サシナなら必ず出来ると確信しています。
クリシュナさん。小さな争い