頭の痛い春継続の大切さ

2007年03月14日

研修

3月14日(水)

ビディヤ先生先日からヒマラヤ小学校のビディヤ先生が英語教育の研修を受けている。ビディヤ先生は大学で教育学を専攻した先生でもあり、先生の丁寧で分かりやすい授業は、子ども達から評判だ。僕もよく授業を見学するが、特にビディヤ先生の授業では子ども達の生き生きした表情が見られる。ビディヤ先生は2人の息子の子育て経験もあるからだと思うが、子ども達への指導も行き届き、見ていて安定感がある。今ではヒマラヤ小学校になくてはならい存在だ。*写真:子ども達に囲まれるビディヤ先生

ビディヤ先生にこれまでの研修の感想を尋ねると、『毎日、とても楽しい。いい勉強になっている』と、前向きな答えが返ってきた。今回の研修は学校長の予算を使って実現したのだが、今後、研修予算を確保して、できるだけ各先生にも研修の機会を与えられたらと思う。教職員全員が目的を持って学び続けることは、夢のある学校づくりには欠かせない。

鉛筆今日は友人の支援から購入した鉛筆を子ども達に配布した。子ども達全員に鉛筆を配ることが出来、本当に良かった。本来ならばクリスマスの時期か、成績発表に日に配布したいと考えていたが、試験前に新しい鉛筆を使って勉強できる事は、子ども達の“やる気”にも繋がるので、かえって良いタイミングだったと思う。子ども達の喜ぶ笑顔を見て自然と心も和んだ。底抜けに明るい子ども達の笑顔は、毎日の疲れを吹っ飛ばしてくれる。本当に不思議な力を持っている。



hsf at 01:30│

この記事へのコメント

1. Posted by eva   2007年03月20日 10:17
会社で疲れると必ず日記を覗いてしまいます。
ほっとします。。澄んだ心の清らかな子供達の笑顔。
本当に鉛筆のプレゼント最高ですね。
私なら、鉛筆に対してそんなに感謝と喜びは無いのだろうなと考えると結論は恵まれているという事になりますね。
大祐さんの活動に溢れんばかりの光が降り注ぎますように。・。・。・☆

色々質問したいのでメールしますね!
2. Posted by まいぺーす   2007年03月20日 21:07
写真から子供達がビディヤ先生を慕っている気持ちや
鉛筆をプレゼントされてうれしい気持ちが伝わって
きます。

子供達の笑顔はほんとにすばらしいですね。
3. Posted by hanamizuki   2007年03月20日 21:35
先生にとっても学び続けることで新たな発見があり、
それが意欲ややりがいにも繋がっていくのでしょうね。

子どもの喜んでくれる姿にこちらまで嬉しくなると同時に、
鉛筆が大きなプレゼントになる現状に複雑な思いになります。
4. Posted by ぶちこ   2007年03月21日 00:59
えんぴつ、日頃から粗末に扱ってきていました。
大事そうに鉛筆を抱えている子どもたちの姿が印象に残りました。
物が豊富になったとしても、ひとつひとつを大切に思う気持ちは変わらずに持ちつづけてほしいと思います。
5. Posted by 吉岡大祐   2007年03月22日 00:24
Eva様
暖かいコメントをお寄せいただき有難うございます。ご質問がありましたら何時でもお寄せください。お待ちしております。
6. Posted by 吉岡大祐   2007年03月22日 00:30
まいぺーす様
コメントを頂き、ありがとうございます。僕は先生達が、家庭的な雰囲気で子ども達に接しているところが、ヒマラヤ小学校の一番の魅力だと感じています。先生と一緒にいる時の子ども達は、とても安心した表情をしています。
7. Posted by 吉岡大祐   2007年03月22日 00:33
hanamizuki様
先生達の能力を活かすことが出来れば、必ず理想の学校を作ることが出来ると信じています。そのためにも先生達が一緒になって夢や目的を描ける環境を作りたいと管上げています。
8. Posted by 吉岡大祐   2007年03月22日 00:35
ぶちこ様
コメントをお寄せいただき、ありがとうございました。一本の鉛筆が子ども達の夢を広げることを、僕もネパールで初めて知りました。貧しさは、本当に多くの大切な事を教えてくれます。
頭の痛い春継続の大切さ